UPDATE

有楽町アートサイトプロジェクト第2弾「INTERFACE_YURAKUCHO」を展開

2021.03.17

 都市と社会を現代の写真表現を通じて考察する「東京フォトグラフィックリサーチ(以下、TPR)」とともに、アーティストの目線から有楽町の風景を捉え直す「有楽町アートサイトプロジェクト」を2020年6月より実施してまいりました。
 この度、その第2弾として、有楽町の丸の内仲通を中心に計8カ所のビル及び施設のガラスファサード部にて、写真家・小山泰介氏の大規模インスタレーション「INTERFACE_YURAKUCHO」を展開いたします。展示期間は2021年3月18日(木)~5月9日(日)の予定です。

 モチーフとなっているのは、道路や壁といったもともと有楽町にあったオブジェクトです。それらをiPhone による撮影、3D技術を介したデータ変換、デジタルカメラによる再撮影といったプロセスを通して、アートフィルムのかちで再び都市の表層=インターフェイスへとインストールするシリーズです。

 有楽町から生み出された色鮮やかな断片の数々が街に再び彩りをもたらす姿は、私たちが何度でも街と出会い直し、新たな発見をし続けることができる、その可能性を提示することでしょう。この機会にぜひ有楽町を散策し、作品と街並みが織りなす新たな景観をお楽しみください。

■詳細リリースはこちらから■